剪定(せんてい)

千葉の剪定業者をお探しならダスキン西都賀

剪定(せんてい)とは庭木の手入れのために枝を切って樹形(じゅけい)を整える作業です。
ですが、適当に判断して、単純に切ればいいというものではありません。
樹木は、枝を切られると枯れてしまう、切られることでより枝をたくさん伸ばすなど、木の種類によって性質がそれぞれ異なります。
せん定の時期を間違えると花が咲かないものもあります。
素人判断の剪定は庭木にダメージを与えてしまうこともあります。
正しい時期にお庭の樹木に合わせた剪定や刈り込みを行うことにより、木が健康な状態になり、枝葉が生き生きとした美しい状態になります。
剪定を行わないと、枝と枝が重な合って日当たりや風通しが悪くなり、最悪の場合、病気の発症にもつながります。

また、せん定は花や実のつきかたをよくするために必要な作業で、美観を高めるだけでなく、枝を切ることで樹木の育成を助けます。
通常の森林、巨大な自然の世界で剪定は必要のない作業ですが、庭などの限られた空間で樹木、花、実を楽しむためには欠かせません。
樹形が乱れたままでは、他の庭木の生長促進の妨げになります。
樹木が健全に成長していくためには、正しい時期に、正しい方法で剪定することが必要です。

剪定料金15,000円(税抜)?

(例1)サツキのみ/約4平方メートル(3ヶ所)
(例2)サツキ/約4平方メートル(2ヶ所)+ハナミズキ/高さ約2.5メートル(1本)
(例3)ハナミズキ/高さ約2.5メートル(2本)

せん定に使う道具の一例

せん定をご自分で行われる場合には、最低限以下のような道具を揃えておくことが必要です。一口にせん定(枝を切る)といっても、細い枝を切る場合では使う道具が異なります。
せん定作業でもっと欠かせないのが「せん定バサミ」で、少し細めの枝から太めの枝まで切ることができます。
さらに細い枝を切るために必要なのが「木バサミ」というハサミで、これは草花の切り戻しなどに使う園芸バサミで代用することもできます。
ハサミで切れない太い枝を切るには、ノコギリが必要です。
刈り込みに必要なのが「刈り込みバサミ」ですが、長い生垣には作業時間を短縮できる「電動バリカン」が便利です。

せん定バサミ

枝を切るのに用いるハサミで、刃の奥の方で切るようにして使います。 ホームセンターなどで実際に手にとり、枝を切るときに力が入りやすいものを選びましょう。

ノコギリ

せん定バサミでは切れない太い枝を切るのに使います。木を切っても木くずがつまりにくいものを選びたいところですが、実際に購入してみないとわからないことが多いので、買うときにお店の人に聞いてみるのも良いと思います。

高枝バサミ

テレビCMなどでも有名になった高い位置にある枝を切るのに使う専用のハサミです。製品によって使い方は異なりますが、できるだけ軽いものを選んでください。重いものを選んでしまうと、長時間の作業が難しくなります。

木バサミ

せん定バサミでは切りにくい細かい枝、草花を切るなどの作業に使うハサミです。手になじみ、握りやすいものを選びましょう。

刈り込みバサミ

生垣の刈り込みに使うハサミで、長い柄の握る位置を変えながら使います。柄の長さがそれぞれ違うので、実際に長さを確認してから購入しましょう。

電動バリカン

刈り込みバサミの電動タイプです。刈り込みバサミのように手で挟んで切るのではなく、チェーンソーのように切りたい場所に当てるだけで切り落とすことができます。ただし、重いものも多いので、腕力がない人は軽いものを選んだほうがよいです。

ブログのご案内

ダスキン西都賀トータルグリーンブログ
実際の作業手順や今までの実績をご紹介させていただきます!

ダスキン西都賀(千葉)への無料診断、見積依頼、お問い合わせ

〒264-0026 千葉県千葉市若葉区西都賀4-2-17(電話:043-207-8131 FAX:043-207-2488)